サロン面接の際、お店のオーナーさんは、技術や今までの経歴はもちろん、社会人として基本的なマナーを持っているか見ています。 ちょっと気に掛けるだけでも面接担当者に与える印象は大きく変わってきますので、面接の際に意識してみてくださいね♪

~面接の前にやっておくこと~

・これまでの経験を簡潔に説明できるようまとめておきましょう。
取り組んできたことやその成果が伝わる内容を盛り込みましょう。
サロンのサイト等を見て、特徴やアピールメニューなどを把握しておきましょう。志望動機をまとめる際にも役立ちます。

・髪形、服装は整っていますか?靴や鞄は汚れていませんか?

・実際に働いたときにはカジュアルな服装がOKのサロンでも、面接時には清潔感のあるちょっとかっちり目な服装の方が無難。これまで面接をした経験がないので、ちょっと不安…という方は、キャリアアドバイザーに遠慮なく聞いて下さいね。

・応対して下さったサロンの方にもきちんとご挨拶しましょう。
・面接担当者がいらしたら速やかに起立し、軽く一礼をして名前をお伝え下さい。 その後、席を勧められてから着席します。面接中は姿勢よく座ることを意識しましょう。

・口角を上げ、担当者の顔を見ながらお話ししましょう。3ミリ口角があがるだけで見た目が全く変わります。無表情のときはたいてい1~2ミリ口角が下がっています。面接の前に、一度自分の笑顔を鏡で確認してみてください。

・緊張するとつい早口になるものです。相手の話すスピードに合わせてお話ししましょう。 印象が一気によくなります! また、声が小さくならないように気を付けて、語尾まで丁寧に話しましょう。

 ・質問をよく聞き丁寧に、簡潔に答えて下さい。 一つの質問に対して長々と答えないように注意!
 ・メモを見たり取ったりする際は、面接担当者に「メモを見させていただきます」 など一言お断りを入れましょう。

面接終了後、お時間をいただいたことに関するお礼をお伝えしてください。
退出する際、出口で再度一礼して下さい。サロンから後ろ姿が見えている間は、まだ面接中であるという意識を持つようにしてください。

笑顔で丁寧に担当者の方のお話しを聞き、コミュニケーションを取りましょう!